コーチングスキルとは?

コーチングをして行く中で、スキルを知っていると強い味方になります。

しかし、基本は、日頃 部下の行動をよく見ていることと、自らの行動を正す事です。部下はあなたの行動をよく見ていますよ。

まず、コーチングスキルが目標としていることは、次の3つのことです。

1、相手の自主性を促す。

2、相手の力を発揮させる。

3、相手の成長を促進する。

この3つの目的を達成するために有効と思われるコミニュケーション方法です。別にコーチングだからと言って特別なものではありません。むしろ、普段の会話の中で意識して使っても良いと思われる事をスキルとして提示しています。

1、ペーシング(安心感を築くスキル)

*相手の言った事を繰り返す。
*うなずきや相槌を適度に挟む。
*相手と視線を合わせて話す。
*書類を見ながら、パソコンを見ながら話をしない。
*相手の言った言葉を自分も使う。

人は生き残るために、常に目の前の人を敵か、味方かの判断をすると言われています。敵に対しては防衛本能が働き、味方に対しては協力関係を築こうとします。

このとき、相手の防衛を解き、安心感を醸成するのに有効な方法として、このペーシングがあります。具体的には、上に書いた5つの行動です。

呼吸のリズムやスピード、使う言葉、声のトーン、姿勢や表情などを相手に合わせます。このことで、自分と同じであることに安心感が生まれます。

話の途中で「でもね」「だけどね」と口を挟みたくなる事ばかりかも知れませんが、そこは、グッとこらえて最後まで話を聞く事が大事です。解決策が直ぐに浮かんで来ても、グッとこらえて相手の自主性に期待しましょう。

1、安心感を築くスキル「ペーシング」

2、アイデアや行動を引き出すスキル「傾聴」

3、視点を変えるスキル「質問」

4、前進させるスキル(リクエスト)と(提案)

5、成長を促すスキル「アクノリッジメント」存在承認

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です